僕の信念

自分を鼓舞するためだけのブログ
<< ボストンで食ったステーキ | TOP | 久しぶりに思うがままに書いた意味がよくわからなめブログ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
めちゃくちゃ長くなってしまったボストン留学まとめブログ
めちゃくちゃ長くなってしまったボストン留学まとめブログ。



まだ、留学のことで書けることはあるんやけど、

なんか、どこどこ行ったとか観光的なことばっか書くのもあれやし。

とりあえず、まとめ的なことを書こう。


今、留学中にノートに書いてた日記を見直してみると、

けっこう色々あったなー、と思った。

混雑した電車の中で、隣にいた50歳くらいの女の人が倒れたときはビビったな。

何も出来んかった俺がいた。

近くにいたおじさんが席譲ったりして、何事もなく終わって良かったけど。

冷静に迅速に行動できるようになりたいね、どんな場合でも。


で、この留学で、何が印象深いっていうと、

案外、人間関係のこと。

それは、いろんな人に積極的に話かけることもそうやし、

仲良くなってきた人たちとの付き合いのこととかも。


留学中は、いろんな人に話しかけるようにしてたつもりやけど、

実際は、なかなか難しかった。

正直、留学生活も中盤になってくると、マンネリ化みたいになってきて、

初期のような熱い気持ちも薄れてきてたと思う。


そんで、集団で学生寮で共同生活してると、

仲良くなってくる人がでてくんねやけど、

それがだんだんなれ合いな感じにもなってきだして。


本気のケンカとかはなかったけど、

心の中で、「あいつ、ちょっとムカつくな。」みたいなことを思ってる人は少しいたと思う。


そんな人間関係の難しさを感じたな。

とは言っても、

一昨日のこの留学の飲み会で、気楽に話せる人がいると、

良い出会いであり経験やったなー、とも思うわけで。


1ヶ月、集団で留学してると、

なんか、自分のあかん所とかもいくつか見つかってきたりもするし、

人から自分の良い所をほめてもらったりもするし、

自分を成長させる機会でもあり良かったとも思うわけで。


まぁ、色々書いてるけど、

何よりも楽しい留学やった。

当たり前のように仲良くなった友達も、本当は当たり前なわけではないし。


滞在中は、アメリカのcultureにどっぷり浸かることができた。

マジ、根本的な価値観の違いを感じた。

あと、なんか自分の性格も滞在中はちょっと変化してたような気もする、いい意味で。


僕は、漠然としてるけど、将来の夢があるんやんか。

その夢に近づくことを確信してたから、留学をした。

結果的に、やっぱり成長したと思う。

英語力もそうやねんけど、

人間的に。

それは目に見えにくいような所かもしれんけど、

これからの日々の生活の些細な部分などで、その成長を垣間見えると思う。

パッと行動できたり、人に寛容になれたり、広い視野で物事を見れたり・・・

こういう些細なところが、自分をよりカッコよくしてくれるやろうし、

そういう所が、人生をより楽しむことにつながり自分の将来の夢へ近づくことにもなると、僕は思う。

とても、素晴らしいパラダイム(思想の枠組み的な意味かな)を与えてくれた、この留学での経験が。

っていうか、7つの習慣をさ、持っていたんよ、ボストンに、

毎日ちょっとでもいいから読んで、よりよい留学生活にしようと思って。

7つの習慣の最初の方に、パラダイム転換の話あるやん。

で、そこで老婆にも見えるし、若い女の人にも見える絵がでてくるやん。

そしたら、滞在先の学生寮のロビーのとこにその絵がかかってあって、

「おぉっ!」ってなった。

まぁ、それだけの話やねんけど、読んだ直後に見たから驚いてん。

ちょっとうれしかったし。

ただでさえ長いこの記事に重要性の低いことを書いてしまったが、そこはまぁ、な。


留学。

ホンマにいい経験になったと思ってるけど、

やっぱり大事なのはこれからの生活。

これからの生活の仕方で、ボストン留学の経験をさらに実りあるものにできるとも思うし。


これから、さらにさらに夢に向かってがんばっていきたい。

うん。

これからがさらに大事、これからが。
18:23 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark
スポンサーサイト
18:23 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする











07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--