僕の信念

自分を鼓舞するためだけのブログ
<< 選択 | TOP | そういう時ほど >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
幾たびも立て
成功するコツはあきらめないことだ。


有名な言葉ですね。



でも、これって一体どういうことなんやろう?


昨日、マンガのサラリーマン金太郎を読んで、


負けても負けても、それを受け入れる度に自分の力になる。


そんなことを主人公の金ちゃんが言ってたなー。






真っ直ぐ生きるには、人間は弱すぎるんじゃないか。

真っ直ぐ生きると、苦い汁が待ってるのが人生ではないか。



でも、それを避ける代償は自分を殺すことだ。





18ぐらいの頃は、世界は俺のもんや、ってくらいに思ってた。


俺やで?俺様だぜ?って。


いちびっとったなー。



でも、世の中は甘くはない。


みんな、きっと必死でやってるんや、みんな。



僕ももう今年で23歳である。


まだまだ若いから。
無限の可能性があるから。




そんなんじゃない。


もう、そんなんじゃない。


変わるってことはカンタンじゃない。
変われないやつが変われるわけない。

成功するやつっていうのは、20くらいの頃には色々やらかしてるもんだぜ。
もう手遅れなんじゃないか?





こっちですよ。
こっち。

焦りや危機感みたいなものですよ。





子どもっていうのは、手を抜くことを知らんなー。


ってか、俺にボール投げてくんなや。

顔つきからして、生意気やな。



もうこんなことを思ってしまう年齢です。


まぁでも、ヤンチャなとこがかわいいな。

とも思うぐらいの年齢です。



少しずつ蝕まれてるような。


私利私欲、目が濁るような想い。



昔の方がピュアやったってのは、


それはやっぱり思う。



自分で言うことで、まだピュアっていうことを暗に考える腹黒さ。

それも、、、あんな。




たまには休まないとな。

そんなん体に悪いで。

みんな一緒やって。ええやん。

これも学びやって。







あー、ダサいダサい。





いつからやろう?

自分を守るようになったのは。

自分を守るのがうまくなったのは。

嘘をつくのが上手になったのは。



何か、こんな感じの歌詞があったけど、

今の僕の気持ちみたいなもんやろうか?




絶対、みんな心のどこかで感じてる。



これでいいのか?

これが人生か?




まぁでも、こんなもんか。


そう思ってしまったら、


もうそれは自分を殺すことやと思う。




でも、カンタンじゃなくて。


絶対にカンタンじゃなくて。





永ちゃんや、

金ちゃん(サラリーマン金太郎)に、




人気があるのはそういうことなんやって思うな。






大学受験を終えたときに思ったことの一つは、



これは本当に俺か?


一年前の自分と同じ人間か?



ホンマにそう思ってた。

まぁそれからも色々あったけど、


でも、あのときに、めちゃめちゃ変わった、っていうのは心から言える。



男っていうもんは、一年や二年で驚くほど変わる。


だから、この言葉にも大いに賛同する。



もちろん、本気で変わろうとした場合やけど。



うん。

そう。



男っていうのは、(まぁ女の人もそうやと思いますが)


一年や二年で別人になれる。



そうなのである。




だから、


どれだけ情けないような自分でも、

弱っちぃ男でも、



一年や二年で別人になれる。


強くカッコよく魅力的になれる。








また一から挑戦したい。


世の中をよりよくすること。

カッコいい男になること。



そこに向かって歩き続けるのだ。




また決意して、腹を括って、がんばるんだ。



もしかしたら、またダメかもしれへんけど、


っていうか、それを僅かにでも頭によぎってる時点で、腹を括れてないかもしれへんけど。


でも、やっぱりやってみるしかない。




もっと年をとった時に、また一から挑戦するとかできるかなー?

で、また挑戦して、またダメだったら?

で、またダメで、自分が50歳の時にまたそれができるか?一から挑戦できるか?真っ直ぐに生きることができるか?ホームレスになる覚悟があるか?ボコボコにされるの覚悟で、強面の集団にメンチ切れるか?


とか変なことも思ってしまうけど。



じじいになっても、自分を殺さず、真っ直ぐに生きる男でありたいと思う。


口で言うのはカンタンやけど、本当にそんな男でありたいと祈る。


ってか、実行、やけど。



ということで、また臨みたい。

数年後にはどうなってるかもわからへんし、どういう考え方になってるかもわからへんけど、


幾たびも立ち上がる男でおりたいものでありまする。






と、クサい事を書いてみました。


ってか、サラリーマン金太郎はドラマで見たことあんねやけど、


漫画と全然違う気がする。


昔やったから忘れてるんかな?


金ちゃん、完全に男や。
14:27 | カッコよく生きる | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
14:27 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://will-to-win.jugem.jp/trackback/1715
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--