僕の信念

自分を鼓舞するためだけのブログ
<< くっそー | TOP | ええ天気やなー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
修羅場について
くぐりぬけた修羅場の数が違う。


一流の人たちなら、なおさらそうなんだと思います。


厳しい経験こそが自分を成長させるといいますか。



単純な僕は、「よし!俺もバシバシ修羅場をくぐりぬけて、成長しまくってやるぜ!」と思ってしまいます。


でも、そんな簡単に思える修羅場なんて修羅場ではないんじゃないかと思います。


「よーし、今日はがんばるぜー!」くらいの心持ちで挑むようなことは、とても修羅場とは呼べないんじゃないかと思います。


ずっと心の底にあって、口を閉じ、ヘソの下の方から気持ちを持ってくるような、

ふとすれば、逃げてしまいそうになるけど、そうすれば後悔してしまうのは自分でわかるし、逃げるわけにはいかないような、

なんとなく、食欲がなくなってしまうような、


それをやり通したとき、ややホッとするような安堵感と口の中がカラカラになるような状態を持ってくるようなもの。



そういうのが修羅場っていうのかな、と思います。



もちろん、僕なんかが知らないような厳しいことはたくさんあると思います。



ただ、「いくらでも修羅場かかってこいやぁ!」って思えるようなものは、少し違うと思い、


やっぱり人生で起こる厳しい現実には、腹を括って、ヘソの下の方から気持ちを持ってくるような心持ちで臨みたいと思う次第で御座います。



でも、それでも、そういう難しいことこそ挑戦したい男でありたいとも思います。
22:54 | 個人的なこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
22:54 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://will-to-win.jugem.jp/trackback/1709
トラックバック

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--