僕の信念

自分を鼓舞するためだけのブログ
<< 魅力的ではない自分2 | TOP | さぁ始めよう。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
魅力的でない自分3
さっきの続き。



僕に最も欠落しているもの。

そして、とても致命的。



それは、豪快さとハングリー精神。



これを僕は後天的に身に付けなければならない。

なぜか?


大成功者になるからだ。


豪快さとハングリー精神がない。

つまり魅力的でない。

つまり人を惹き付けない。



これのどこが成功者なのだろうか?


魅力的でない人間になんか死んでもなりたくない。





ようやくわかった。


いまいちな生活を送っているその根本の部分が。



インターンを終えてわかった。


そして畳み掛けるように、ある出来事によって思い知らされた。



そして過去を振り返っても、そこなんだと思わざるを得ない。



周りを見渡しても、

あらゆる角度から見ても、


そこであることが突き刺さる。




結局、わかったのは僕の弱っちさ。



でも、変わることができる。

成長することができる。

人間だからね。





若いうちの苦労は買ってでもしろ。


でも、時間があるわけではない。


後天的に豪快さとハングリー精神を得るためにはもう時間がない。


若い時期なんてあっという間に終わって、死なんてすぐ来てしまう。


それまでに、なりたい自分像を限りなく高め、そして実際にそういう自分になる。


世界の幸せの総量をたくさん増やす。





変わることはできるが、変わることは簡単ではない。


行動を変え習慣を変え考え方を変えて高めていく。


でも、行動や習慣を変えるのは難しい。



じゃあどうするか?


変わらざるを得ない環境に身を置くしかない。


新しく厳しい環境に身を置けばいい。

そしたら勝手に成長する。

俺は天性の素直さと、成功哲学を根本に持ってるから。


就活とか関係ない。

すべてやり通せばいい。

やる前から無理だなんて思うのはナンセンスすぎる。

せめて、やりきって死にそうになってからにしようぜ。

それにすべては手段だ。

成長するための手段。



さぁ、背中の扉を閉めよう。

夢と志のため。

自分の人生に本気で命を懸けてもいいころだ。

健康もシカト。
はげるとか肌荒れるとか体壊すとか、命懸けてないからやろ。

来年からスタートしよう。
00:37 | 自分の過ち | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
00:37 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://will-to-win.jugem.jp/trackback/1370
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--