僕の信念

自分を鼓舞するためだけのブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
めちゃくちゃ長くなってしまったボストン留学まとめブログ
めちゃくちゃ長くなってしまったボストン留学まとめブログ。



まだ、留学のことで書けることはあるんやけど、

なんか、どこどこ行ったとか観光的なことばっか書くのもあれやし。

とりあえず、まとめ的なことを書こう。


今、留学中にノートに書いてた日記を見直してみると、

けっこう色々あったなー、と思った。

混雑した電車の中で、隣にいた50歳くらいの女の人が倒れたときはビビったな。

何も出来んかった俺がいた。

近くにいたおじさんが席譲ったりして、何事もなく終わって良かったけど。

冷静に迅速に行動できるようになりたいね、どんな場合でも。


で、この留学で、何が印象深いっていうと、

案外、人間関係のこと。

それは、いろんな人に積極的に話かけることもそうやし、

仲良くなってきた人たちとの付き合いのこととかも。


留学中は、いろんな人に話しかけるようにしてたつもりやけど、

実際は、なかなか難しかった。

正直、留学生活も中盤になってくると、マンネリ化みたいになってきて、

初期のような熱い気持ちも薄れてきてたと思う。


そんで、集団で学生寮で共同生活してると、

仲良くなってくる人がでてくんねやけど、

それがだんだんなれ合いな感じにもなってきだして。


本気のケンカとかはなかったけど、

心の中で、「あいつ、ちょっとムカつくな。」みたいなことを思ってる人は少しいたと思う。


そんな人間関係の難しさを感じたな。

とは言っても、

一昨日のこの留学の飲み会で、気楽に話せる人がいると、

良い出会いであり経験やったなー、とも思うわけで。


1ヶ月、集団で留学してると、

なんか、自分のあかん所とかもいくつか見つかってきたりもするし、

人から自分の良い所をほめてもらったりもするし、

自分を成長させる機会でもあり良かったとも思うわけで。


まぁ、色々書いてるけど、

何よりも楽しい留学やった。

当たり前のように仲良くなった友達も、本当は当たり前なわけではないし。


滞在中は、アメリカのcultureにどっぷり浸かることができた。

マジ、根本的な価値観の違いを感じた。

あと、なんか自分の性格も滞在中はちょっと変化してたような気もする、いい意味で。


僕は、漠然としてるけど、将来の夢があるんやんか。

その夢に近づくことを確信してたから、留学をした。

結果的に、やっぱり成長したと思う。

英語力もそうやねんけど、

人間的に。

それは目に見えにくいような所かもしれんけど、

これからの日々の生活の些細な部分などで、その成長を垣間見えると思う。

パッと行動できたり、人に寛容になれたり、広い視野で物事を見れたり・・・

こういう些細なところが、自分をよりカッコよくしてくれるやろうし、

そういう所が、人生をより楽しむことにつながり自分の将来の夢へ近づくことにもなると、僕は思う。

とても、素晴らしいパラダイム(思想の枠組み的な意味かな)を与えてくれた、この留学での経験が。

っていうか、7つの習慣をさ、持っていたんよ、ボストンに、

毎日ちょっとでもいいから読んで、よりよい留学生活にしようと思って。

7つの習慣の最初の方に、パラダイム転換の話あるやん。

で、そこで老婆にも見えるし、若い女の人にも見える絵がでてくるやん。

そしたら、滞在先の学生寮のロビーのとこにその絵がかかってあって、

「おぉっ!」ってなった。

まぁ、それだけの話やねんけど、読んだ直後に見たから驚いてん。

ちょっとうれしかったし。

ただでさえ長いこの記事に重要性の低いことを書いてしまったが、そこはまぁ、な。


留学。

ホンマにいい経験になったと思ってるけど、

やっぱり大事なのはこれからの生活。

これからの生活の仕方で、ボストン留学の経験をさらに実りあるものにできるとも思うし。


これから、さらにさらに夢に向かってがんばっていきたい。

うん。

これからがさらに大事、これからが。
18:23 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark
ボストンで食ったステーキ
090226_1839~01001001.jpg



14ドル。


おいしかった。
16:45 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark
NBA
じゃん。


090227_1944~01001001.jpg




NBA


印象深い思い出の一つ、ボストン留学での。


もうね。

やばかった。

なんていうか、

臨場感とかやばかった。


バスケの試合ももちろんすごかってんけど、

あの「うぉー!」っていうムードの中で試合を見ることが良かった。


でかいスクリーンあるやんか、

試合の合間にそこに観客が映るねん、ランダムに。

で、映った観客はみんなものすごいはしゃぐ、楽しそうに。

他には、有名人に似てる観客を有名人の写真と照らし合わせながらスクリーンに映すとかも、

試合の合間にしてた。

なんか、そういう観客も主役みたいな所がアメリカらしくて良かったと思った。


で、試合の内容ももちろんすごい。

素人目線からやけど、

選手みんな超うまい、当たり前やけど。

努力して、このNBAの舞台を勝ち得て活躍してる、って思いながらプレー見てたら、

マジカッコいい。


このNBAの試合では、アメリカンドリームを感じたな、しかし。

本物の「アメリカ」を見た気がした。

アメリカンドリームをつかんだ選手は、カッコよくて憧れるけど、


僕は、アントレプレナー(起業家)的な道で、アメリカンドリームを勝ち得たいとも思った。
21:50 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark
China Town
ボストンにはチャイナタウンがあって、一度だけいった。


うん、でも1回で十分やった。

090226_1018~01001.jpg




気づくと、漢字がある街並みになってた。

「髪型設計」って書いてある床屋があった。

だれがこんなとこで切るねん、ってみんな思った。


デパート的なところはなくて、店も怪しい感じばっかりやったな。

そして、レストランでのランチ。

素晴らしい店員の接客やった。

コップに水入れるときとか、どぼどぼ入れて水がこぼれることとかおかまいなしって感じやった。

料理に水こぼしてたりしてたからな。

お皿とかコップを持ってきてくるときに、机をすべらして渡しだすし。



で、5ドルのチャーハンの量がめっちゃ多かった。

ほとんどの人が食いきれんかったな。

味はうまかってんけど。

とにかく店員の接客に驚いたChina Townやった。
16:41 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark
ボストンで、この日僕らは休校でした。
そう、それはボストン留学4週目の月曜日。


前日に、

「今晩からsnow stormくるよー。」(英語)

ってなことを、寮の人から言われた。


で、次の日。




090302_0959~01001001.jpg


この日、ボストン大学は休校になりました。

そして、その事実がいきわたるやいなや所々で、

「おっしゃー!」との声援が。


1ヶ月の短期留学といっても、3週目、4週目ぐらいになると、

みんな学校だるくなってくるたいです。

正直、僕もこのとき「おっしゃー!」って思った。


ただ、この日は夕方まで寮から外出禁止になったけど。
23:36 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark
ハーバード大学
しばらく書いてなかったボストン留学のこと。


世界癸吋蓮璽弌璽病膤悗砲發いました。


090224_1532~01001.jpg


これは、Welcome to Harvardって書いてあったからテンション上がって撮っただけです。



090224_1538~01001.jpg






090224_1535~01001.jpg






090224_1543~01001001.jpg

これは図書館。







090224_1533~01001.jpg


これはリスやんな?

普通にハーバードの中に生息してた。




で、帰るときに、

ハーバードでバスに乗ったとき、

ハーバードの学生らしき黒人の男の人が他人である子供にお菓子をあげてる姿がなんかカッコよかった。


ボストンって、世界癸韻離蓮璽弌璽病膤悗あるし、

理系癸韻離泪汽船紂璽札奪長科大学もあるし、


おまけにNBAとかメジャーリーグとかスポーツも強いチームいっぱいおるし、


世界最強の街やなって思った、ボストン。

まぁ、地元である大阪の方が好きやけど。
22:29 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark
Core Class
ボストン留学中の平日の午前中は毎日、

Core Classで授業でした。

授業では、教科書でAmerican Valueの精神とかアメリカの歴史とかを軽く学びつつ、

ショッピングときの断り方とか新聞の読み方とか、そういうことも教えてもらいました。


で、留学の最後には1人1人アメリカの州についてプレゼンテーションをしました。


僕は、ニューヨーク州をプレゼンしたかってんけど、ニューヨーク州は他の人がやり僕はミズーリ州をプレゼンすることになった。


ウォルト・ディズニーが育った州、ミズーリ州。


人前でプレゼンやけど、あんま緊張せず、しかもまぁまぁ楽しんでできて、

けっこう成長したんかなー、俺、って思った。


このCore Class.

他の留学生とも、関わるときが2回だけあった。

韓国、メキシコ、中東の人など色んな留学生がいた。

年齢も20〜35ぐらいまで様々やった。


その時に、自己紹介を兼ねて、

自分について、3つのことを説明することになった、もちろん英語で。

で、その3つの内の1つは嘘で、みんながその嘘のやつを当てようというもの。


例えば、

まず、先生が例としてやってくれてんけど、

.縫紂璽茵璽に生まれた。

■臆鷏觝Г靴討襦

小さい頃、パリで誘拐された。

(実際は、英語で書かれた。)

で、みんなが嘘やと思うものに手挙げていく。

で、結果は、

嘘やったのは

つまり△鉢はホンマ。

え、

パリで誘拐されたってホンマなん?

マジで?

マイケル(この先生)誘拐されたことあんの?

しかも、なぜ誰もそこをつっこまへんの?

このとき、僕はkidnapが誘拐を意味することを覚えた。


で、僕の発表の番がきた。

僕は、この3つにしてみた。

In the futere, I want to be very rich.

I have played rugby football.

I was born in the Vatican City.

この発表では、みんなにどれが嘘かをわからなくさせるのが目的みたいやけど、

僕はあえてわかりやすくやってみた。

Vatican City(バチカン市国)とかで生まれたわけないやん、って気持ちで。

大阪やゆーに、俺。
生まれも育ちも。

まぁ、結果は、3人以外のほぼ全員に嘘を見破られた。

どうやら、この辺は万国共通やねんな、って思った。
19:44 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark
Quincy Marketとぱにぱにゲーム
Copleyに並び、よくいった場所、Quincy Market。


Quincy MarketはGovernment Center駅にありました。

なんか、服とか雑貨とかお土産的なものなど、色々とショッピングしやすい場所でした、クインシー・マーケット。


値段も高くはないし。


090215_1524~01001.jpg



これは、クインシー・マーケットの近くにあるマクドから撮った。


そういえば、マクドで、orange juiceとcoffeeの発音鍛えたな。


で、全くクインシー・マーケットともボストンとも関係ないんやけど、

初めてクインシー・マーケット行ったこの日、ちょっとした衝撃をうけた。


それは、そこのマクドで、休憩してたとき、

友達の1人が、

「ぱにぱにゲーム知ってる?」との発言。

俺としては「なんや、それは?」という気分。

で、友達が説明し始めてくれて、

「まず、ぱにぱには、世界で二つしかないんよ。」


俺は、「いや、ますますわからん。」って気分。


まぁ、ブログではルールを説明をするには限界があるんで、この辺でやめといて、と。

でも、ぱにぱにゲームってそんなにマイナーなゲームでもないらしい。


で、そこのマクドでぱにぱにゲームしてんけど、

けっこう深かった。
21:45 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark
ボストンの地下鉄、通称T
ちょっと、ここでボストンの地下鉄の話を。


ボストンの電車はsubway(地下鉄)。

通称Tって言います。


主に主要な路線が4つあって、

グリーンライン、ブルーライン、レッドライン、オレンジラインの4つ。


僕らが利用したのはほとんどグリーンラインだけでした。


レッドラインとオレンジラインで、ボストンの南の方いったら危ないらしい。



で、

090320_2059~01001001.jpg


電車のるときに、これでピッて支払って乗りました。


大きい駅では、駅の中で支払いで、

小さい駅では、電車の中で支払うんやけど、

支払わないでタダ乗りする人もいました。

というのも、留学した人らでタダ乗りしてた人、ちょっといました。

駅でも、支払わずに強引に入っていく人、何人か見たし。


この辺にも、culture(文化)の違いを感じた。


そして、ボストンの地下鉄、通称T。


なんと、時刻表が存在しない。

電車来る時間決まってない。

テキトーやなー、おい。

って思った。


ここでも、テキトー文化アメリカ、って思った。

なんか、細かいこと気にしない空気も流れてた気がする。
21:23 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark
Copley
Copleyっていうのはボストンの繁華街の1つかな。


なかなかの都会って思ってください。




090211_1411~01001.jpg






こんな感じの町並みです。


Copleyはよく行ったな。


基本的に服は全部高かった。


僕が知ってるような、ブランドの店もちらほらとあった。

アルマーニの店に1回堂々と入ってみたかった。



んで、

090211_1418~01001.jpgこれはTrinity Church(トリニティ教会)。



Copley駅おりた、すぐ近くにあった。


で、トリニティ教会入ってんけど。


教会ってすごいと思った。

もうなんか、中の空気とか雰囲気がなんともいえん。


留学メンバーの人の言葉を引用させてもらうと、

「なぜ、ドラクエでセーブするかがわかる。」って。




すごい神聖な空気でした。



そういえば、


090211_1432~01001.jpg



こんなことをしてる人もいたな。


この自由な感じがなんともアメリカらしい。
20:52 | ボストン短期留学 in アメリカ | comments(0) | - | pookmark

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--